読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州大学大学院卒の家庭教師が教える数学

〜高校数学が嫌いでも苦手でも、コレさえ押さえていれば大丈夫!苦手な数学の試験は90点越えイケるスペシャル!!〜

計算したらヤバイことになってます

ブログ

んにちは、たくみです。

 

 

 

今回は数字を扱った内容です。

 

 

今回の内容は少々びっくりする内容です。

 

 

これを知らないと

まだあなたの立たされている現状が

把握できないまま受験本番を

迎えることになるかもしれません。

 

 

そして、気づい時には

「あの時やっておけばよかった」

と後悔をしてしまうことでしょう。

 

 

 

 

ですから、今回の内容をしっかりと

受け止めてこれからの勉強に

活用してください。

 

 

そうすれば、1年間の計画が

うまく機能して、あなたの

志望校合格にぐっと近づけます。

 

 

質問ですが、

 

 

「あなたは1日何時間

    勉強してますか?」

 

 

単純すぎる質問ですが

とても重要なことです。

 

 

例えばの話をします。

 

 

1日6時間勉強するとします。

 

 

量としては

多く感じますか?少なく感じますか?

 

 

ぼくは最初多く感じました。

 

 

学校が終わって、部活動に励み

家に帰り着く頃には、20時過ぎます。

 

そこから6時間をカウントすると

深夜2時!

 

 

しかも、ご飯やお風呂の時間もとるので

もっと遅くなるはずです。

 

 

そして、翌日6時には起きて

学校へ行く支度をします。

 

 

このように考えると

1日6時間の勉強量が

とても多く感じました。

 

 

あなたはどう感じましたか?

 

 

では、実際に計算してみましょう。

 

 

1日24時間あるので、

6時間は24時間のうちの

4分の1に値します。

 

 

さて、先日1月14日、15日に

センター試験がありました。

 

 

その日から数日経っていますが、

仮に1年後にセンター試験

待ち受けているとしましょう。

 

 

つまり、今から12ヶ月後には

あなたは本番の舞台にいるわけです。

 

 

その12ヶ月に先ほど算出した

4分の1を掛けると

3ヶ月になります。

 

 

この3ヶ月が、あなたに残された

勉強時間です。

 

 

 

いかがでしょうか?

多く感じますか?少なく感じますか?

 

 

ぼくはこれを知った時に、

少なく感じました。

と同時に焦りを感じました。

 

 

実は、1日の勉強量が6時間では

全く時間が足りないのです。

 

 

「あとたったの3ヶ月で

もう本番の舞台にいなければいけない。」

 

 

そう考えた時に、今さら

うかうかとしていられません。

 

 

そして、センター試験が過ぎて

数日経っているので、

すでに3ヶ月もありません。

 

 

 

 

さて、この数字を見てあなたは

何を考えますか?

 

 

少しは焦りを感じ始めましたか?

 

 

そう考えたのならいつやるか。

 

 

今でしょ!?」

 

 

 

 

この内容を読み終えたらすぐに

行動してください。

 

 

ステップ1

センター試験もしくは私立の試験

までの残りの日数を計算しましょう。

 

 

ステップ2

日数が出たら、

あなたに必要な日数を決めましょう。

 

ステップ3

その日数から

1ヶ月あたりの勉強時間

1週間あたりの勉強時間を

算出しましょう。

 

 

あなたの1週間に必要な

勉強時間が出たと思います。

 

 

1週間まで落とし込むと

計画が立てやすくなると思います。

 

 

まずは、1週間全力で

チャレンジしてみませんか?

 

 

カウントダウンは

すでに始まっています。

 

 

最後に泣くか笑うかは

あなたの努力とやる気次第です。

 

 

本気になって頑張りましょう。

 

 

以上になります。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。